インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

2週間も痩せやすくなる?生理周期を利用したダイエット法

  • セルフケア
2週間も痩せやすくなる?生理周期を利用したダイエット法

プレステージ横浜店、副店長の今井です。いつもコラムをご愛読いただきありがとうございます。

当店にもダイエットに関心のあるお客様が大勢いらっしゃいますが、じつは「痩せやすい時期」があるというのはご存じでしたか?「痩せやすい時期」を正しく知り、ダイエットを成功させる秘訣を紹介しましょう。

生理周期と痩せやすい時期

女性の体は生理周期に合わせて女性ホルモンの量が変化します。たとえば、妊娠の準備を整えて女性らしい体を作るエストロゲンは排卵期を過ぎたあたりから徐々に減少するのです。

一方、排卵期から生理前まで分泌が盛んになるプロゲステロンは妊娠に備える働きをします。体内に栄養、水分を蓄えさせようとするため、生理前や生理中にむくみを訴える人もいますし、脂肪も付きやすくなってくるのです。

以上のような女性ホルモンの特性を見ても、ダイエットに適しているのはエストロゲンが優位になっている時期といえるでしょう。

生理開始日を1日目とするならば、生理が終了してからの8日目~20日目ぐらいまでが痩せやすい時期になるのです。逆に生理が始まる1周間前から生理期間は痩せにくい時期になるので注意しましょう。

痩せやすい時期におすすめのエクササイズ

生理終了からおよそ2週間の痩せやすい時期は、脂肪が燃えやすくなっているので積極的にエクササイズに取り組むことをおすすめします。この時期に分泌量が増えるエストロゲンには筋肉を発達させる特徴もあるので、引き締まったボディラインを作ることもできるでしょう。

ぜひ、少し息が上がる程度に負荷をかける無理のない範囲でチャレンジしてはいかがでしょうか。まず、お腹の引き締めに効果的なエクササイズから紹介しましょう。

仰向けに寝て、おへそのあたりを意識しつつ両足を揃えます。
その両足を5cm程度床から浮かせ、そのまま約1分キープします。

たったこれだけのことですが、テレビを見ながら、就寝前など、横になったタイミングに必ず行うようにすることだけで、ポッコリお腹の解消も期待できます。

下半身を引き締めたいならば、おすすめはスクワットです。
両手を頭の後ろで組み、背筋を伸ばして、肩幅よりも少し広めに両足を開いて立ちます。
背中を曲げずにゆっくりと腰を落とします。
太ももと床が並行になったところで3秒ほど静止しましょう。
その後、息を吐きながらゆっくりと元の姿勢に戻ります。

1日10回~30回を目安に、自分のペースで取り組んでみてください。

痩せやすい時期の注意点

生理周期を利用して痩せやすい時期にダイエットをすれば、より簡単に脂肪を落とすこともできます。しかし、いくら痩せやすい時期だからといって無理をしてしまうとホルモンバランスを乱し、生理不順になってしまうこともあるので注意しなければいけません。過剰なエクササイズや極端な食事制限はくれぐれも控えるようにしましょう。

また、面白いように体重が落ちるからといって、食べ物を我慢しすぎてはいけません。この時期の節制がたたると、生理直前や生理中に栄養を補給しようと身体が過剰反応して過食になる傾向が指摘されています。いくら痩せやすい時期に体重を落としてもリバウンドしてしまってはかえって逆効果ともいえるでしょう。

一方、痩せにくい時期というのは、普段よりも食欲が過剰になりがちです。ストレスを感じやすい時でもあるので、いつもより甘いモノが欲しくなるともいわれています。しかし、白砂糖を含むモノばかり食べていると身体を冷やして生理痛を悪化させることもあるので要注意です。

かといって甘いモノを完全に断つというのもかえってストレスの元になるので、ドライフルーツ、ナッツ、ヨーグルトなどを上手に取り入れるようにしてください。


いかがでしたでしょうか。生理周期を利用したダイエットは女性だからこそチャレンジできるメソッドでもあります。しかし、リスクもつきものなので十分に注意するようにしてください。

関連記事

Page Top

体験プラン