インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

40代女性のSOS!更年期障害の胃痛と下痢の原因は冷えにあった?

  • その他
40代女性のSOS!更年期障害の胃痛と下痢の原因は冷えにあった?

みなさまこんにちは!プレステージ横須賀中央店、副店長の小松です。

「更年期障害の人は、胃痛や下痢に悩まされる」こんな話を聞いたことがありますか?実は、このメカニズムにはきちんとした理由があるんです。

●原因はホルモンバランスの乱れ
閉経前後の女性は、更年期障害に陥りやすいと言われています。40代後半から50代にかけてホルモンバランスが崩れやすくなるのですが、同時に胃腸も冷えてしまうからです。これは、身体を温めようという機能が低下してしまうからなんです。

●食生活を改善しよう
更年期障害が原因で起こる下痢や胃腸の痛みは、身体を温めることで回復します。たとえば、以下のような食べ物を食べることで、胃腸の調子を改善することができます。

・食物繊維の多い野菜や穀物
・身体を温める食べ物や飲み物

身体を温める効果は、すべての食べ物にあるわけではありません。「冬野菜は身体を温める」と言われていますが、にんじんや大根といった根菜類は、内蔵から身体をポカポカにしてくれるんです。他にも、紅茶やウーロン茶、リンゴジュースといった飲み物もおすすめです。

●運動習慣を改善しよう
血流をよくするうえに生命力を高める方法として、運動習慣を改善する方法があります。心肺機能は年齢とともに衰えるのが一般的ですが、1日30分程度のウォーキングだけでもよいと思います。

体力が人並み程度にあるレベルを目指すなら、早歩きで5km歩くこと。大体40分~55分のペースで休まず歩けるようになれば、十分に体力があるレベルだと言えます。このレベルを目指すといいでしょう。

毎日継続してウォーキングするのは難しいもの。また、更年期障害にありがちな動悸、息切れといった症状が気になる場合は運動するのが難しいかもしれません。

私たちプレステージは、冷え性と胃腸の機能低下、それに伴う下痢に悩むお客様に対して、体質改善をお手伝いさせていただいております。食生活の改善や運動が難しいという方もお気軽にご相談ください。

関連記事

Page Top

体験プラン