インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

50代のむくみ改善法を紹介します!

  • その他
50代のむくみ改善法を紹介します!

こんにちは。新人エステティシャンのナホです!

年齢を重ねてくると、むくみが目立つようになり、日々気になりますよね。「50代になってから、顔のむくみがひどい」「顔だけではなく、手足もパンパンになってしまう」このような方はとても多いのではないでしょうか。

そして、顔や足だけではなく体全体がむくんでいる場合もあるのです。ここでは50代のむくみ改善方法についてご紹介していきます。

50代のむくみの原因は?

50代近くなると多くの女性がむくみに悩んでいますが、その原因とは一体なんなのでしょうか。たいてい50代のむくみは更年期障害の症状のひとつであることが多いようです。年齢を重ね、やがて閉経を迎えると、卵巣で作られていた女性ホルモンが一気に低下し、更年期障害を発症するといわれているのです。

女性ホルモンは、体内のさまざまな代謝や分泌にかかわっており、女性ホルモンの低下によってこれらの体内機能が低下していきます。そのひとつとして、リンパの流れが滞り、手足のむくみを発症します。

こうした血液やリンパの流れ、さらにそれらをコントロールするためのホルモンの分泌は自律神経によって制御されていますが、女性ホルモンが減少し、こうしたホルモン分泌のバランスが崩れてしまうため、過度に手足が熱くほてったりもしますし、逆に滞留してむくみとなってあらわれたりすることもあるのです。

マッサージが効果的

むくみには様々な原因がありますが、どのような原因でも、マッサージが非常に効果的です。滞っているリンパの流れを促進させるよう、末梢から中枢に向かってマッサージをすることで、むくみを少しでも和らげることができるでしょう。

凝り固まった部位はやさしく時間をかけてほぐしていくことで、周辺の筋肉やリンパ管、血行もよくなり、正常な働きに近づけることができるんです。

また、むくんでいる部分には、老廃物と水分が沢山貯まっている状態です。この老廃物と余分な水分は、そのまま放置していても、自然に解消できるものではないのです。ですので、まずは、むくんでいる部分を、内側から外へとリンパの流れに沿りながら、ゆっくりとマッサージすることが大切です。筋肉をしっかりとほぐし、マッサージすることで、むくみは徐々に解消されていきます。

入浴中や入浴後などに、身体が温まっているうちに、このようなマッサージを加えると、より効果が期待できますよ。自分でマッサージをするのが苦手な方は、マッサージサロンやアロマエステになどに行って、ケアをしてもらうと良いかもしれませんね。

カリウム摂取で自律神経のバランスを整える

みなさんもご存知かとは思いますが、むくみにはカリウムが効果的といわれています。

カリウムは普段は細胞の中に多く存在していますので、神経伝達や細胞間伝達の差異に、一時的に細胞の外にあるナトリウムとの交換が行われ、さまざまな生理的な電気活動もつかさどっているんです。言い換えると、多くの分泌や代謝をはじめ、自律神経が正常に作用するために、このカリウムはきわめて重要な役割を果たしているといえます。

一方で、カリウムは普段の現代的な食生活では摂取が難しいこともあり、どちらかといえば不足しがちな栄養素となりがちです。くだものや緑黄色野菜、海藻類などには多くカリウムが含まれているため、こうした食品を意識的に食べることでむくみを解消できるといえるでしょう。

単純に「歳を重ねてきたから」とあきらめるのではなく、機序に基づいてしっかりと対策をとることで、むくみを軽減できることがお分かりいただけたでしょうか。色々と自分にあったむくみ解消法を試して、身体を気遣いより健康を意識した生活を送っていきましょうね。

関連記事

Page Top

体験プラン