インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

中性脂肪を減らすための体質改善方法とは?

  • 食生活
中性脂肪を減らすための体質改善方法とは?

忘年会、クリスマス、新年会…。
心配なのはついつい食べ過ぎて、脂肪がついてしまうことではないでしょうか?

こんにちは、パルトネール広報担当の元井です。

今回はベテラン・エステティシャンに「中性脂肪」についてインタビューしてきましたよ!

Q:なんとなく「中性脂肪=オジサマ」というイメージがありますが…。
ただ、アラサー以上の女性にとっては、年々気になってくる存在ですよね。
A:なにかと悪者にされがちな中性脂肪ですが、実は身体を動かすエネルギー源なんです。
多すぎるのがダメなのであって、元々は生きていくためには欠かせないんですよ。

身体にしたら、中性脂肪は「貯金」だといえます。
エネルギーとして使わなかった分をお腹などに貯めておいて、飢餓などで備えています。
ただ、今の日本では飢餓に陥ってしまうことはなかなかないので、脂肪として溜まっていく一方なのが問題なんです。

Q:中性脂肪を減らすには、食事や運動しかないんでしょうか?
A:まず、食べ物が中性脂肪に変わっていくメカニズムをご説明しておきますね。
食べ物が体内に入ると、「今、エネルギーとして必要な分」はすぐに使われます。
ですが、余った分は肝臓に運ばれ、体内で合成されて中性脂肪となって貯蔵されてしまうんです。

脂質・糖質・タンパク質は、中性脂肪になりやすいといわれています。
ただし、タンパク質は筋肉や身体の組織に使われやすいので、脂質や糖質よりも中性脂肪になりにくいようです。

Q:低炭水化物ダイエットって事ですか?では、炭水化物と脂質を極力取らない方がいいんでしょうか?
A:そうともいえません。
タンパク質は身体を作るためによく使われがちというだけであって、身体に入ってから中性脂肪に
なるメカニズムは糖質と同じなんです。
だからこそ、極端な炭水化物抜きダイエットはホルモンバランスを崩し、健康にダイエットできません。

Q:う~ん。なかなか難しいですね。
A:実は難しくないんです(笑)
アーユルヴェーダの体質診断で自分に合っている食品をメインにするだけでも、エネルギーが効率よく使われていきます。
体質改善もできて、脂肪もたまりにくくなるので一石二鳥ですね。

体内でエネルギーが効率よく使われるようになると、心身ともに元気になる方が多いです。
「疲れやすい」という方の体質改善にも、効果があるといわれています。

ありがとうございます。勉強になりました!
詳しいアーユルヴェーダについては、お気軽にご相談くださいね♪

関連記事

Page Top

体験プラン