インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

部分太りって知ってる!?部分痩せも食生活で変わるかも

  • 食生活
部分太りって知ってる!?部分痩せも食生活で変わるかも

こんにちは、エステティシャンのハルカです!部分痩せという言葉はよく聞きますが、部分太りという言葉は聞いたことがないかもしれません。でも、ちょっと前に「コレを食べたらココが太る」と、話題になりました。何を食べたら、どこに脂肪がついてしまうのでしょうか。

■ウエストにお肉がついてしまう食べ物
まず、多くの人が気になるのがウエスト周りだと思います。やっぱりぶよぶよになったお腹は恥ずかしいですよね。どんなものを食べるとダメなのでしょうか。

基本的には、お米やパン、麺類といった炭水化物がウエストにお肉を付ける食べ物だそうです。これはなんとなくイメージが付きやすいと思いますが、なんと野菜でもお腹周りが膨らんでしまうと言います。原因は身体を冷やしたりガスが増えたりするからだとか。でも、野菜自体は健康によいので、積極的に摂りたいところです。お通じや美肌のことを考え、バランスよく食べるようにしましょう。

■腕や足にお肉がついてしまう食べ物
露出が多くなると気になるのが二の腕ですよね。どんな食べ物が原因で、腕のお肉がついてしまうのでしょうか。

じつは、腕は牛や豚、鶏などのお肉の脂身が原因で脂肪が付いてしまうと考えられています。また、バターのような脂質、生クリームやアイスといった糖分も原因らしいです。

太ももやふくらはぎなど、足のお肉が増える原因は、肉類のほか、洋菓子や菓子パンのせいだとか。こちらも、女の子がよく食べるものばかりですよね…糖分や脂分ばかりを摂ってしまうと、全体的に太りやすいので注意しましょう。

■背中にお肉がついてしまう食べ物
背中はふだん見えない部位なので、あまり意識していない方も多いはず。でも、同性も異性も、背中は注目しているポイント。意外とよく見られてしまうので、スッキリさせておきたいポイントです。

では、背中に余分なお肉がついてしまうのはどのようなものかと言うと、天ぷらやコロッケ、ドレッシングといったものが挙げられます。また、ポテトチップスのようなスナック菓子も危険です。要するに、油モノが原因で背中にムダな脂肪がついてしまうんですね。

■バストアップに欠かせない食べ物
さて、ここまでは、女の子からすると、できればムダなお肉をつけたくない…そんな食べ物ばかりでした。でも、バストのお肉は増やしたいという人は多いんじゃないでしょうか。

バストの悩みを解決する食べ物は、チーズや魚、お肉の赤身といったものだそうです。たんぱく質と適度な脂肪分を含んだ食べ物だから、カロリーオーバーになってしまう心配も少ないと思います。

もちろん、脂肪分が少ないからといって、お肉を食べ過ぎるのはNGです。脂質もあるので食べ過ぎたら太ってしまうので、1日1食くらいを目安にしておくとよいでしょう。また、他の食べ物を一切食べないのもバランスが悪く、健康的ではありません。たんぱく質が多くてローカロリーな食事を中心にしつつ、ビタミンやミネラル、食物繊維をバランスよく摂ることが重要なんです。

■食事以外の努力も欠かせない
「食生活だけで理想のプロポーションになれるの?」と思った方もいるかもしれません。もちろん、そんなことはなくて、日々の運動やエステによる施術など、理想的なプロポーションを作るために努力することが大切です。

プレステージでは、インドの伝承医学「アーユルヴェーダ」を基に、エステやライフスタイルのアドバイスを行っています。今回ご紹介した食生活はあくまでも参考で、一人ひとりに適した食べ物や飲み物は違います。私たちエステティシャンが丁寧な施術とアドバイスをするので、プロポーションが気になる方はお気軽にご相談ください!
 

関連記事

Page Top

体験プラン