インド美容に基いた体質別エステ
プレステージ/パルトネール

美容コラム

食事だけではなく入浴も大切!痩せやすい生活習慣とは?

  • 未分類
食事だけではなく入浴も大切!痩せやすい生活習慣とは?

こんにちは、パルトネール青山店、副店長の斎藤です。

ダイエットで重要なことは、体重を減らすだけではなく、痩せやすい体づくりです。そのためには食事だけでなく、運動や入浴など生活習慣を見直す必要があります。痩せるために食事の量を単純に減らすのではなく、基礎代謝を上げて脂肪燃焼しやすい体づくりをしましょう。

ここでは、どういった生活習慣が良いのか、痩せる体づくりのポイントを紹介します。

自分だけでは痩せることができないと悩んでいる人は、当サロンの「脂肪集中ケア ボディメイクプラン」をチェックしてみてくださいね。

痩せにくい体になってしまう生活習慣とは?

食べる量が多いわけではないのに太ってしまう、ダイエットに何度挑戦しても成功しないという人は、痩せにくく太りやすい体になっている可能性があります。痩せにくい体になっている原因を把握しておきましょう。

体が冷えている

手や足先がいつも冷たい、基礎体温が低いといった人は血行が悪く、体が冷えている場合が多いです。血行が悪いと老廃物や余分な水分が排出されにくく、脂肪が溜まりやすくなります。女性がむくみやすいのは、体の冷えが大きな原因として考えられます。

栄養も体の隅々まで行き渡らないので体力が低下してしまうことも。体が冷えてしまう原因としては、運動不足やエアコンによる冷え、冷たい食べ物や飲み物ばかり摂っていることが挙げられます。

食べる量が少ない

食べる量が多い人やカロリーの過剰摂取している人が太るのは想像できますが、反対に食べなさすぎも痩せにくい体を作っています。痩せにくい体質の人は、筋肉量が少ないことが特徴として考えられます。

食事の量が少ないと筋肉を作る栄養素も不足してしまい、体はなんとか栄養を摂取しようとするため、脂肪が溜まりやすい体になってしまうのです。

塩分を摂りすぎている

塩分を摂りすぎてしまうと、体は塩分を薄めるために水分を溜めようとし、その結果むくみやすくなります。コンビニ弁当や外食が多いと自然と塩分を摂りすぎてしまうので注意が必要です。また、しょうゆやソースなど調味料の使いすぎも塩分の過剰摂取になるので気をつけましょう。

好き嫌いが多く食事内容が偏っている

栄養バランスの悪い食事をしていると、食物繊維やビタミンなどの栄養素が不足し腸内環境が悪くなります。腸内環境が悪くなると便秘になりやすく、血行も悪くなってしまいます。特に女性は腹筋が弱い人も多く、便秘をしやすいので太りやすいといえるでしょう。

他にも、食べる時間がバラバラ、夜遅い時間に食べる、肉類を食べない、野菜を食べない、極端に炭水化物を減らしているといった習慣があると痩せにくい体になってしまいます。痩せやすい体になるには自分の生活を振り返り、改善していくことが大切です。

ダイエット中の女性が鶏肉を食べる理由

肉類は太るのでダイエット中は避ける人もいるでしょう。しかし、お肉にはビタミンや良質のタンパク質が含まれているので、ある程度摂取する必要があります。特にタンパク質は筋肉を作る元となる大切な栄養素。痩せやすい体をつくるためには筋肉量を増やし、基礎代謝を上げるために、タンパク質はしっかり摂ることが大切です。

そうはいっても、肉類は高カロリーであることも否めません。そこでおすすめなのが鶏肉です。鶏肉は豚肉や牛肉と比べて低カロリーでありながら、高タンパクで低脂肪です。脂質や糖質を分解するナイアシンや、脂肪の代謝を促すパントテン酸も多く含まれているので、ダイエット期間中にピッタリの食材といえます。

痩せやすい体づくりのポイントは、栄養のバランスがよい食事をすることです。豚肉には、脂肪燃焼をサポートするL-カルニチンやコエンザイムQ10が豊富に含まれ、健康に役立つうえダイエットをサポートしてくれます。肉類をむやみに避ける必要はありません。摂取量に注意することで痩せやすい体にしてくれるのです。

痩せやすい体になるための入浴方法

痩せやすい体づくりには入浴は欠かせません。お風呂に入るとき湯船に浸かることで、リラックス効果や冷え症改善効果などが期待できると言われています。シャワーだけで済ませている人は、冷えを悪化させているかもしれません。ダイエット効果を高めるには、入浴方法にもいくつかポイントがあります。確認しておきましょう。

ぬるめのお湯で半身浴をする

じっくりと時間をかけて発汗を促す半身浴は、デトックス効果が期待でき、代謝を高めてくれます。37~38℃のぬるめのお湯に浸かるようにしましょう。

お風呂の中でマッサージをする

入浴中はとても血行がよくなっています。その状態で気になる部分をマッサージすると、老廃物を排出しやすくなると言われています。

お風呂の中でストレッチ

簡単なストレッチをするのもおすすめです。足首を回す、肩甲骨を動かす、体をひねるといった動きでOK。毎日行い、習慣にしましょう。

発汗作用のある入浴剤を入れる

入浴剤は、リラックス効果や保湿作用など種類によってさまざまな効果が期待できます。なかでも、発汗作用のある入浴剤は、体の内側からジワジワと温めてくれるので血行促進におすすめです。

ストレスを溜めずダイエットを成功させるコツ

ダイエットを成功させるために、負荷をかけることは必要ですが、無理をしてはいけません。厳しいトレーニングを続けるとストレスが溜まってしまい、逆効果になってしまうことも。ストレスを溜めることなく痩せるために、ダイエットを成功させるコツを解説します。

食べたいときは我慢をしない

食べたいものを制限なく食べていい、というわけではありませんが、食欲を我慢しすぎるとストレスになります。ストレスが溜まってしまうと、我慢できずに甘いものを食べてしまったり、食欲を抑えきれずに食べ過ぎてしまったりすることは少なくありません。お腹がすいたと思ったら、何かしら口に入れるようにしましょう。ナッツやドライフルーツなどはビタミンなどの栄養素も多く、少量で満腹感が得られるのでおすすめです。

食事はゆっくり時間をかけて食べる

炭水化物など糖質を摂ると血糖値が上がります。短時間で糖質を一気に摂取すると、血糖値は急上昇し、インスリンが多量に分泌され、脂肪を蓄積させてしまいます。痩せやすい体づくりには、血糖値の急上昇を防ぐことが大切です。食事をするときは、ゆっくりよく噛んで食べることを心がけましょう。

野菜を最初に食べて血糖値の急上昇を防ぐ

血糖値の急上昇を防ぐためには、食べる順番も注意が必要です。最初にご飯などの炭水化物を食べるのではなく、野菜や海藻、きのこなどを食べます。これらの食べ物には食物繊維が豊富に含まれ、糖の吸収や消化を遅らせる働きがあります。

楽しくできる運動をする

痩せやすい体づくりのためには、食事に気をつけるだけでなく運動も行うようにしましょう。筋肉量が増えれば消費カロリーも増やすことができるので、日常生活の中に取り入れることが大切です。

ただし、負荷をかけすぎて運動が続かなくなってしまっては意味がありません。ウォーキングやエクササイズ、筋トレなど自分のできる範囲内で長く続けられる運動をしましょう。一度にまとめてやるのではなく、週に2~3日ほど定期的に行い、習慣化させることを心がけてください。


ダイエットを成功させるには、食事の量を減らすだけではなく、痩せやすい体づくりが大切です。今の自分の生活習慣を振り返り、太りやすくなっている原因は何か、考えてみると良いかもしれません。食事の摂り方や運動、入浴方法など取り組みやすいものから始め、少しずつ生活習慣を改善していきましょう。

  • この記事を書いた人

  • 最新の記事

プレステージ 広報部

プレステージ 広報部

創業30年の実績を持つ老舗エステサロンの熟練エステティシャンが、ご自宅でのケアや食生活なども含めた美のノウハウをご提供いたします。

関連記事

Page Top

体験プラン